ソレイユ総合ナビ

相続オンライン相談のメリット・デメリット

自宅で気軽に相続について相談ができる「相続オンライン相談」が増えています。
この記事に書いてあるオンライン相談のメリットとデメリットを理解して、ご自身のオンライン相談に活かしてください。
また、よいオンライン相談の選び方も参考にしてください。

     

    作成日2021年10月21日

     

    1、相続オンライン相談のメリット

    ①自宅で相談できるので時間も気持ちも楽■

    ご自宅で相談できるので、行き帰りの時間も要らないし、人通りの多い中を出歩く心配もありません。

    また、ご自宅に居るので相談に必要な書類を忘れて出てしまう心配もありません。

     

    ②家族と同席して相談できるので安心■

    ご夫婦でオンライン相談をされる方、親子でオンライン相談される方が増えています。

    一人で話を聞くのに比べて、安心して相談できるし、話を聞き漏らすこともありません。

    また、同時に同じ話を聞いてその場で話し合うこともできるので話が早いです。

     

    ③遠くの家族にも同じ話を聞いてもらえる■

    実家のご両親と相続対策のお話しを都会の子どもがオンラインで・・・。

    離れた相続人が遺産分割に関する説明を同席してオンラインで・・・。

    今までなら、わざわざ皆様で集まるとか、お盆や正月の帰省時に集まるとか、なかなか集まって話せなかったことが、オンライン相談で簡単に話す事ができます。

     

    ④近所の専門家より離れた地域の専門家がよい場合■

    近くに相続専門家がいない地域の場合や、狭い地域社会の中で相続の話を聞かれたくない場合にオンライン相談が便利です。

    特に、例えば、同じ「税理士」の看板を掲げていても相続とは違う会計の専門だったり、相続相談の経験が少ない方の場合もあります。

    近くに相続専門の相談ができる人がいない場合には、オンライン相談が便利です。

     

     

    2、相続オンライン相談のデメリット

    ①その場で書類のやり取りができない■

    オンラインの相談なので、対面相談と違ってその場で書類を渡して見てもらうことは難しいです。

    書類を画面に映すことも、撮影して画像をその場で送ることもできますが、対面相談より時間がかかってしまいます。

    相談に必要な書類を事前に画像データなどで送るなどの方法でカバーしておく必要があります。

     

    ②オンラインのパソコン・スマホ操作がうまくいかないことがある■

    パソコンやスマホでズーム等のオンラインツールを使ったことのない方は、普通のテレビでいえば、スイッチの入れ方、音量の調節の仕方がわからなかったりします。

    また、電波状況が悪くて電波が途切れたりする場合もあります。

    オンライン相談当日は、もしオンラインツールに不都合が起きた場合に備えて、携帯電話でお話しするなどの方法でも対応できるようにしておく必要があります。

     

    ③実際に目で見て得られる情報が少ない■

    事業所に相談に出向いて面談をすれば、事務所の立地や外観、事務所内の雰囲気、対応の動作等、人間の五感はオンラインでは得られない様々な評価情報を与えてくれます。

    オンラインの受付から当日の対応、ホームページの内容等よく見て判断したいものです。

     

    3、良い相続オンライン相談の選び方

    ①相続専門の相談員が在籍していること■

    相続専門の相談員がいないところは避けた方がよいです。

    税理士でも相続税がわからない先生もいるし、行政書士でも遺言を扱わない先生もいるのです。

    医師に内科、外科、耳鼻科等があるように、専門家にも専門分野があります。

    耳鼻科の先生に盲腸の手術をお願いしないのと同じことです。

    どんな相談に乗れる相談員がいるのかよくチェックしてください。

     

    ②相続に関する幅広い記事が数多くホームページに載っていること■

    オンライン相談はほとんどの方がホームページから選ばれます。

    ホームページに、役に立つ相続関連の記事がたくさん出ている事業所のオンライン相談を選びましょう。

    オンライン相談を広告のみで集めているところに、相談実績やノウハウが蓄積されているとは限りません。

    やはりホームページに載せてある記事の量と質が一つの大きな判断基準です。

     

    ③対面の相談会場も事務所以外で運営していること■

    拠点となる事業所以外にも相談会場を設けて、相続相談をやっている事業所かどうか? 

    これも良いオンライン相談を選ぶ判断基準になります。

    事務仕事の片手間に相談に乗る個人の事務所と常時事務所外でも相続相談を行っている事業所では、相談件数が圧倒的に違います。

    相談件数が多ければ蓄積されるノウハウも圧倒的に多くなります。

    蓄積されたノウハウが多くなればオンライン相談の満足度も高くなります。

     

    ④幅広い相談領域を持っていること■

    例えば、相続税申告専門の税理士事務所で相続対策のオンライン相談をしても、本当は必要になるかもしれない家族信託や遺言の話は聞けないかもしれないし、ノウハウを持っていないのが普通です。

    オンライン相談をやっている事業所のホームページをよく見て、相続対策・相続税申告・家族信託・遺言という言葉だけでなく、それぞれの専門ノウハウや記事を集めたページをきちんと設けているかどうかもチェックして、幅広い相談=自分に気が付かないことを教えてくれるオンライン相談かどうかを確認しましょう。

     

    ⑤個別セミナーも設けていること■

    いきなり自分の相談をするのは気恥ずかしい・・・。

    すぐに困っていることはないが知識は付けておきたい。

    このようなニーズは多くあります。

    このような方のために専門知識の個別セミナーを用意してあるオンライン相談は大切な選択肢の一つになります。

    特に大勢のセミナーでは個人情報の入る質問は出しにくいですから、個別オンラインセミナーがある事業所を選びたいものです。

     

    ⑥対応が親切で思い遣りがある事■

    オンライン相談の限られた時間を有効に使えるように、事前に準備資料の説明やオンライン相談のツールの使い方も教えてくれるような事業所に依頼したいものです。

     

    4、まとめ

    オンライン相談は、デメリットをカバーする工夫をすれば、十分なメリットがある相談方法です。

    事業所を良く選んで、事前準備のレクチャーを受け、充実したオンライン相談の時間をお過ごしください。

     

     

     

     

    相続手続きよく読まれる記事

    相続対策の知恵カテゴリ

    OPEN