ソレイユ総合ナビ

相続で担保と保証債務をどうなる?【Q&A】

更新日/2022年1月26日

 

▶質問

Aさんは、長年家族で工場を経営しています。

Aさんが社長で、奥様が専務、長男が工場長で長女が経理をやっています。

Aさんは遺言書を書いて、自宅以外の自分の持っている土地を、子どもたちに分けることを思い立ちました。

その際に、Aさんが会社の借入金の連帯保証人になり、Aさん個人の不動産全部にこの債務の抵当権が付されていることが気になって相談に来られました。

 

▶答え

Aさんには、ご自分の相続が始まると同時に、保証債務は債権者との関係では相続人全員に相続されること、 遺産分割協議書や遺言では保証債務を特定の人にのみ負わせることはできないことをご説明いたしました。

 

また、お子様たちに相続させる予定の土地に付されている抵当権は、相続登記で相続人に名義が変わっても、そのまま残ることもご説明いたしました。

 

会社の財政内容や、今後の方針をお聞きし、遺言は公正証書遺言として残すことにして、 保証債務と抵当権の問題を、長男様に社長を譲る時期とからめて再検討を始めることにいたしました。

具体的には、長男様に社長を譲るまでに、会社の借入金の返済を進め、長男様が相続予定の不動産以外の不動産の抵当権を解除するということで、解決策も見えてきました。

 

相続手続きのご相談は、
事例豊富な「ソレイユ相続相談室」までお問い合わせください。

 

休日夜間相談のバナー画像

 

事業承継よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ