ソレイユ総合ナビ

相続放棄とは

相続の放棄をするには、相続開始を知った時より3ヶ月以内に、家庭裁判所に申述書の提出をします。

 

家庭裁判所で正式に受理されると相続放棄の効力が発生します。

 

その放棄をした相続人は 最初から相続人でなかったとみなされ、相続放棄者の子や孫に代襲相続は行われません。

 

遺産は、残った相続人で分割します。

 

相続放棄が受理されると、特別な理由がない限り放棄を撤回することはできません。

 

第1順位の相続人が相続を放棄した場合は、第2順位又は第3順位の相続人が代わって相続人となります。

場合によっては、相続人となる全ての者が相続放棄をする必要があります。

 

相続手続きよく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN