ソレイユ総合ナビ

法定相続分の登記と分筆の贈与税

Q.法定相続分で登記してある共有の土地を分筆すると贈与税はかかりますか?

Aさんは、お兄さんと二人兄弟で、ご両親は亡くなっています。
ご両親の住んでいたご自宅には今は誰も住んでいません。
このたび、この土地を売りやすく二筆に分筆して、売却することで兄弟の話し合いがまとまりました。
この土地は、人に勧められて法定相続分で登記してあり、Aさんは、共有の土地を分筆すると贈与税がかかると人から聞いて、

心配になってご相談に来られました。

A.解決の方向

お聞きすると、Aさんがこの土地を二分の一の共有で登記するに当たり、分割協議はしておらず、 隣家との関係で、

名義を相続人にしておく必要から、法定相続分を表す共同相続登記をしておきました。(共同相続の登記は、後で遺産分割協議がととのった時には、持分移転の登記をして実体にあったものにする必要があります。)

この方法なら分割協議の前の段階で、相続人の権利を表しておくことができます。

その後で分割協議が成立して、土地を分筆し、それぞれの名義としても、贈与税が課税される心配はありません。
Aさんは、共同相続登記で二分の一の共有にした土地を、遺産分割協議を経て、分筆後持分移転の登記をしました。

 

相続手続きよく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN