ソレイユ総合ナビ

法定後見人制度

① 後見

本人が精神上の障害によって判断能力がない常況にある人を保護します。
本人を保護する人を成年後見人といいます。   

② 保佐

本人が精神上の障害によって判断能力が不十分な人を保護します。
日常の簡単なことは自分で判断できるが、一定の重要な法律行為は支援してもらわないとできないような場合です。
本人を保護する人を保佐人といいます。 

③ 補助

本人が精神上の障害によって判断能力が不十分な人を保護します。
本人を保護する人を補助者といいます。
保佐と補助の違いは本人の判断能力の低下の程度によります。
中程度の認知症であれば、保佐制度を利用し、初期の認知症であれば補助制度を利用することが考えられます。 

相続手続きよく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN