ソレイユ総合ナビ

貸家建付地の評価について

土地そのものを他人に貸している訳ではないですが、その貸家には居住者がいるため、その敷地も勝手に処分できません。

したがって、貸家建付地の評価においても、自用地としての相続税評価額からいわゆる「居住権」に係る部分の評価額を控除して求めます。

この居住権に係る部分の評価額は「自用地としての相続税評価額×借地権割合×借家権割合」という算式で求めることとなっています。

したがって、貸家建付地の評価は下記の算式で求めることができます。

貸宅地の評価額=自用地としての相続税評価額 ×(1-借地権割合×借家権割合)

※算式:賃貸割合100%の場合)

仮に、借地権割合が70%だとすると、

貸家建付地の評価額は自用地としての評価額に(1-70%×30%)=79%を乗じて算出した金額になります。 

 

相続財産評価よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ