ソレイユ総合ナビ

財産 とは

財産 とは、金銭 に 見積もることができる 経済的価値のある すべてのもの をいいます。

相続税基本通達 11の2-1 では以下の様に記されています。
 
11の2-1 法に規定する 財産 とは
金銭に見積ることができる経済的価値のあるすべてのものをいうのであるが、 なお次に留意する。
(昭57直資2-177、平3課資2-49改正 )
 
(1) 財産には、物権、債権及び無体財産権に限らず、信託受益権、電話加入権等 が含まれること。
 
(2) 財産には、法律上の根拠を有しないものであっても 経済的価値 が認められているもの。
例えば、営業権のようなものが含まれること。
 
(3) 質権、抵当権又は地役権(区分地上権に準ずる地役権を除く。)のように従たる権利は、 主たる権利の価値を担保し、
又は増加させるものであって、独立して財産を構成しないこと。

相続財産評価よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ