ソレイユ総合ナビ

贈与税の配偶者控除とは

贈与税の特例として、

配偶者から居住用の不動産(土地又は家屋)、あるいは、これを購入するための資金を贈与されたときに、最高2,000万円まで贈与税から控除されるのが「贈与税の配偶者控除」です。

配偶者控除は、
@婚姻期間が20年以上の配偶者からの贈与であること。

A 住居用の不動産あるいは、住居用の不動産を購入するための資金の贈与であること。

B 翌年の3月15日までに住居用の不動産を取得して、現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること。
の3つの条件を全て満たしている場合に限り適用を受けることができます。

控除額は、最高2,000万円で、同じ配偶者からの贈与については、金額にかかわらず1回だけしかこの制度を利用できません。

適用を受けるためには、

贈与を証明する書類を添付し、配偶者控除の申請書を税務署に提出することが必要です。

贈与税には、110万円まで基礎控除として認められていますので、配偶者控除分も含めると 2,110万円までが非課税扱いになります。

生前贈与と贈与税よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ