ソレイユ総合ナビ

相続税の配偶者の特例

Q
相続税の配偶者の特例について教えてください

 

A.
相続により配偶者が取得した財産については、法定相続分までの金額か1億6千万円までは、相続税がかからない仕組みになっています。
この特例を上手に使って、次の相続も含めて、相続税が合計で安くできるようなプランを考えることが大切です。

参考 国税ホームページ
https://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4158.htm

 

相続税対策よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ