ソレイユ総合ナビ

相続税の基礎控除とは?

基礎控除とは 

この金額までは課税の対象とならない最低ラインのことです。

相続税では亡くなった方の純財産(預金・株券・不動産等プラスの財産から 借入金・葬式費用等のマイナス財産を控除した財産の価格)が基礎控除を超えると申告が必要になります。 

基礎控除は次のように定められています

 

平成27年1月1日から
3,000万円+(600万円× 法定相続人の数 )=基礎控除額

例 一家4人(夫婦・子供二人)で、ご主人が亡くなった場合
3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円

 

相続税対策よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN