ソレイユ総合ナビ

税務調査でよく聞かれること③

Q.
税務調査でよく聞かれることを教えてください。

A.
相続税の税務調査では、調査に出向いた家の印鑑が、その家のどの通帳に使われているのかをチェックすることがあります。

通帳の名義毎に別々の印鑑がある場合もありますし、 同じ印鑑で複数の名義の通帳の印鑑を兼ねている場合もあります。

預金通帳の保管や使用の状況から、その通帳の所有者が通帳の名義人と合っているかを調べて、他人名義となっている被相続人の預金がないかを調べるのです。

相続が発生する前から、名義借りの預金と疑われないように、 預金通帳とその管理は確認しておきたいものです。

 

相続税対策よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ