ソレイユ総合ナビ

税務調査でよく聞かれること②

Q.
税務調査でよく聞かれることを教えてください。

A.
相続税の税務調査では、お亡くなりになった方の職業、特に転勤等による転居などの事を聞かれます。

転居前の住所地に預金口座などが残っていることがあるのです。

これらの情報は税務調査のためというより、相続人の方が被相続人の財産を漏れなく把握する上からも必要になる場合があります。
また、先代からの家の歴史も聞かれることがあります。

先代からの職業等から財産の形成方法を推定し、兄弟や孫など一般的に財産が分散されやすい親族の情報を得ておきたいのです。

 

相続税対策よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN