ソレイユ総合ナビ

古い家の取り壊し

Q.古い家を取壊すかどうか悩んでいます。

Aさんは、お母様と二人暮らしです。
お母様の財産は、ご自宅と貸家が3軒あります。
貸家のうち1軒がだいぶ古くなり、入居者も募集しにくくなってきて、 相続税との関係で取り壊すかどうか相談に来られました。

A.解決の方向

貸家は、建物も土地も相続税の評価においては自用として使っている場合と比べて 減額の対象になります。

ただし、貸家としていても実際に長い期間人に貸さずに放置しておくと、ただの遊休不動産とされてしまい、評価を減額できなくなる場合もあります。

いずれ取り壊す予定の古い建物であれば、お母様の生前に取り壊し、 お母様の預金から取壊し費用を支出することで、お母様の財産を減らせるため相続税の節税対策にもなります。

ただし、貸家を壊して更地にすると翌年から土地の固定資産税が上がります。Aさんは、お母様の生前に貸屋を取り壊してアパートを建てる方向で検討に入りました。

 

相続税対策よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ