ソレイユ総合ナビ

息子夫婦の同居と相続税

Q.息子夫婦の同居と相続税

Aさんは、自分所有の土地建物に妻と2人で暮らしています。

Aさん夫婦は、Aさんの長男とその妻は自宅を所有していないので、 長男に子供が生まれたことを機会に、長男の家族と同居することを

検討しています。

Aさんは以前「相続人が同居していた方が相続税について有利になる」と聞いたことがあるので、Aさんが元気なうちに長男一家に

Aさんの家に引っ越してもらった方がよいのか、 または自分の相続が発生してから同居した方が良いのかわからず、相談に来ました。

A.解決の方向

Aさんの相続税のシミュレーションをしたところ、 居住用財産の小規模宅地の特例を使えば、申告は必要なものの相続税はかからないことが

わかりました。

現在の法律では、相続開始後の取得者がご長男様である場合、相続発生前に同居しており、その後申告期限まで居住し、かつ保有し続けるので

あれば特例の適用があります。

また、同様に所得者がご長男様としても、相続開始後に同居した場合には、今回のようにAさんに奥様がいらっしゃると、Aさんのご長男及び

その奥様は、ご自宅を所有していないでも、特例の適用はありません。

それ以外に今回のシミュレーションでは、当該自宅をAさんの奥様が相続すれば、二次相続を考えても課税されない事もわかりました。

Aさんは、シミュレーション結果を元に家族会議を開いて、どのようにするのが一家にとってよいのか検討する事にしました。

相続税対策よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN

お問い合わせ