ソレイユ総合ナビ

相続手続をより安く、より効率的にやる方法

初めての相続で、ほとんどの方は相続手続きが面倒なのに驚きます。

銀行も証券会社も会社が違えば書式も違うし、役所を回ってもみな書き込む書類が違っています。

煩雑で手間がかかる相続手続きをより安くより簡単に済ませる方法教えます。

 


(目次)

1.手続きは幅広いので、やみくもに動かずまず故人の資料を探す

2.事前の下調べに時間をかけて戸籍等使いまわしの工夫をする

3.時間がとれない人は、専門家に安く委託した方が早い

4.遺産分割協議は失敗すると高くつくことが多い

5.次の相続まで考える相続手続きのコストダウン

6.まとめ

 

 

1 手続きは幅広いので、やみくもに動かずまず故人の資料を探す

(1)相続手続きの一覧表

相続手続きの主なものを書きだしてみました。

手続きそのものは具体的にはさらに多くなります。

 

例 金融機関毎に必要な手続き等

 

①死亡日より7日以内の手続き

死亡診断書の取得

死亡届の提出

死体埋葬火葬許可証の取得

 

②死亡日より10~14日以内の手続き

年金受給停止の手続き・年金受給権者死亡届の提出

国民健康保険証の返却

介護保険の資格喪失届

住民票の抹消届・住民票の除票の申請

世帯主の変更届

 

 

③なるべく早く行う手続き

健康保険証の返却

遺言書の調査・検認

 

 

④死亡日より3か月以内の手続き

相続放棄または限定承認

相続の承認又は放棄の期間の伸長

 

 

⑤ 死亡日より4か月以内の手続き

故人の所得税の確定申告(準確定申告)

 

 

⑥ 財産が明らかになったら行う手続き

遺産分割協議書の作成

不動産の名義変更登記

相続財産が確定したら早めに取り掛かるのが正解

 

 

⑦ 死亡日より10か月以内の手続き

相続税の申告

相続税申告の手続きの流れ

相続税の特別な納付方法の「延納」と「物納」

 

 

⑧ 死亡日より1年以内の手続き

遺留分の請求(遺留分減殺請求)

 

 

(2)まずは故人の持っていた資料を探しましょう。

 

お葬式や埋葬許可の手続きはほとんど葬儀屋さんが代行してくれます。

ここではあえて触れません。

その他上記のそれぞれの手続きは、亡くなった人の生前の加入や所属そして取引関係によって違いがあります。

(例 社会保険か国民健康保険か等)

まずは、上記の手続きの元になる故人の書類を集めてみないと、どこに何の手続きに行ってよいかがわかりません。

同居の家族が居て、亡くなった方の上記内容を把握し、書類を保管していれば手続きは進めやすいです。

(例  健康保険証を預かっていた。預金もどこの銀行にあって、通帳はどこに保管されているか聞いていたあるいは預かっていた。不動産の権利書がどこにしまってあるかわかっていた等)

 

ところが、亡くなった方とは別居していた、あるいは、同じ屋根の下に住んでいても財産に関する書類は別々に管理していて、どんな内容かはわからない・・・ そんな場合には、故人の生活の行われていた場所で、上記に関係しそうな書類を探し出すことになります。

上記の一覧表に関係がありそうな書類が見つかったら、すべて保管しておきます。

さらに、故人宛の郵便物は保管しておいて、上記の相続手続きの手がかりにするのです。

故人の財産探しのための資料収集は、慣れない人にはなかなか難しいものです。

専門家に依頼して探してもらうのも一つの方法です。故人の財産が誰にも見つからずに無効になることは避けたいものです。

 

ソレイユ相続相談室でも、故人の自宅での資料探しから、その他財産調査の業務は数多く承っております。

 

 

 

2 事前の下調べに時間をかけて戸籍等使いまわしの工夫をする

故人の相続手続きの元となる資料が揃ったら、元資料に記載してある役所・銀行等に電話して相続手続き(名義変更等)に必要な資料を教えてもらいます。

 

出向く役所、金融機関、証券会社の数が多くなってくる場合には、郵送していただける手続き資料は、なるべく郵送してもらって、あらかじめ書き込んで持参するようにしましょう。

すべてを郵送で済ませられれば良いのですが、本人確認をその場でしないと進まない手続きもあります。

また、各手続きに必要な戸籍(相続人関係図)等は、すべての提出先(手続き先)の数だけ原本を揃えると、結構なお金がかかってしまいます。

 

そのような場合には、原本還付といって、戸籍等を提出して相手にコピーを取ってもらって、原本は戻してもらい次の手続きに使うようにします。

この方法だと時間はかかってしまいますが経費は節約できます。

 

 

 

 時間がとれない人は、専門家に安く委託した方が早い

相続手続きの手続き先である、役所や金融機関は原則として土日に対応していただけません。

中には土曜に対応してくれるところもありますが、すべてを休日に完了することはなかなか難しいし、郵送を多用すると時間がかかります。  

 

平日に相続手続きをしている時間がとりにくい方は、相続手続きを他にお任せすることができます。

任せる先は、大きく分けると、金融機関と専門士業です。

ほとんどの金融機関で相続手続きをサービス商品として提供しています。

士業も弁護士、司法書士、税理士、行政書士が相続手続きを専門に受託しています。

金融機関のサービスは専門士業に依頼する場合と比べてコストが高くなるのが一般的です。

あらかじめ銀行のホームページで、銀行に依頼した場合に支払う相続手続きの費用がどのくらいかかるか調べておく必要があります。

 

金融機関の場合には、金融機関に支払う相続手続き費用の他に、別に専門士業に支払う報酬も必要になる場合があるので、専門士業に直接依頼した場合に支払う報酬の総額は最低でも2倍から3倍の料金がかかってしまいます。

専門士業の選び方は次のようになります。

 

1、 相続争いが起きてしまっている場合

弁護士 相続税が心配な場合には 弁護士+税理士

 

2、 相続争いが起きていない場合

司法書士、行政書士、相続税も心配な場合には税理士  

 

いずれの場合でも、相続を専門に扱っている士業に相談することがポイントです。

お医者さんでも耳鼻科の先生が盲腸の手術をしないのと同じことで、士業の先生方にも専門があるのです。  

相続手続きをスタートする前に、相続無料相談を活用して、相続手続きの方法や相続税の課税の有無を予め把握しておくことが大切です。

 

 

 

4 遺産分割協議は失敗すると高くつくことが多い

相続手続きで最も緊張するのが遺産分割協議です。

遺産分割協議は遺言が無い場合に、相続人の方が集まって遺産をどのように分けるかを決める場です。

相続争いでもめ事になったり、嫌な場面になってしまうのは、この遺産分割協議の現場とその前の段階から起こってしまっていることが多いのです。  

遺産分割協議までに行われることはおおむね次の順番です。

 

 

1、 相続人の確定 戸籍を確認して相続人を確定する

 

2、 相続財産の確定(財産目録の作成) 相続財産を調べて一覧表にする

 

3、 遺産分割協議 遺産分割案を作って意見を出し合いまとめていく

 

4、 相続税額の把握

 

5、 遺産分活協議書の作成

 

6、 遺産分割協議書に基づく名義変更等  

 

 

争いを起こさないためにきちんと考えたい事  

 

相続財産は誰が調べるのか?

 

相続財産を遺産分割の日まで管理するのは誰か?

 

財産目録は誰が作るのか? 専門家は誰が選ぶのか?

 

遺産分割話し合いのたたき台は誰が作るのか?

 

遺産分割協議で出された意見に基づく案をまとめ税金シミュレーションは誰がするのか?

 

誰が遺産分割協議書の通りに財産の名義変更をするのか?

 

これらの事を一つ一つ丁寧にやっていかないと、ちょっとした行き違いで相続人が険悪なムードになってしまったりします。  

遺産分割協議は、多くの人が初めて経験するか、経験しても一度か二度なので、遺産分割を数多く経験している専門家の助言をもらいながら、遺産分割を進めていくことをお勧めします。  

相続手続きを始める前に、相続無料相談を利用して、遺産分割のポイントなどを知っておくことが大切です。

 

 

 

5 次の相続まで考える相続手続きのコストダウン

遺産分割の過程は財産の移転の過程です。

これを別の切り口からみると次のような課題が見えてきます。

 

 

① 今回の遺産分割で財産をもらった人が、相続税を支払えるのか?

 

② 今回の遺産分活で財産をもらった人が、財産を維持できるのか?

 

③ 今回の遺産分割で財産をもらった人が亡くなった場合に、次の相続で困ることは無いのか?

 

④ 今回の遺産分割で財産をもらった人が、認知症になってしまった場合に、財産の管理や相続で困ることは無いのか?

 

⑤ 次の世代までの相続コスト(相続税等二次相続)を考えた時に、もっと相続コストを抑える方法があるのではないか?

 

 

このような検討は、財産が承継されていく前提で考えた時に、遺産を今どう分配するか? という課題と同様に大切な課題になってきます。

財産が移転された後の事まで考えて、アドバイスをもらえるのは数多くの相続支援経験を持つ相続専門家です。

相続無料相談で、遺産分割の次に起こる問題まで考えてくれる専門家を選びたいものです。

 

 

6 まとめ

相続手続きは事前準備が肝心です。

 

1、 亡くなった方の相続手続きに必要と思われる元資料(権利書・保険証券・通帳等)を探して保管しておくこと。

 

2、 相続手続きが必要な元資料の手続き先(役所・金融機関等)に、相続手続きに必要な書類を予め電話等で調べ取り寄せておくこと。

 

3、 相続手続き先に使いまわせる書類は確認しておくこと

 

4、 遺産分割協議は、前段階からの行動を慎重に行うことで争いの防止につながる。

 

5、 遺産が分割された後の、次に起こる問題も考えて分割すること。

 

6、 相続無料相談を活用して、相続専門家の知恵を借りて進めること。

 

7、 相続手続きにかかるコストは依頼先で2倍以上違うのでよく調べること     

 

 私どもの相続無料相談をご活用ください。

 

 

ソレイユ相続相談室では、相続対策や家族信託等、各種相談に対する無料相談会を開催しています。 詳しい開催予定は こちら をご覧ください。


「家族信託は誰に相談するのが一番よいか分からない」

「難しい家族信託のことをもっと詳しく知りたい」

 

ご相談は、家族信託に強い専門家がいる「家族信託専門相談室」へ!

⇓ ⇓ ⇓

家族信託専門相談室はこちらから





 

無料相談のご予約・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-971-131

営業時間/9:00~20:00まで
※電話受付は19:00まで

相続税対策よく読まれる記事

相続対策の知恵カテゴリ

OPEN