相続開始から相続税申告書が提出されるまでの流れ

相続税申告が必要となった場合、税務署に申告書を提出することになりますが、どんな手順で申告書を提出することになるのか、相続手続きの全体像を見てみましょう。

上の全体像では、相続税申告は相続が開始されてから10か月以内にしなければならないことが分かります。

実は、この10ケ月という期間は、長いようで短いのです。
被相続人が亡くなってから暫くの間は、遺族は諸手続きでバタバタしていることが非常に多く、気が付けば3か月や半年が過ぎていた…とご相談に来られる方の多くは仰います。 申告期限まで、相続開始から3か月なら残り7か月、6ケ月なら残り4か月となります。
この残りの期間で、申告書に「相続税がどうしてこの税額になるのか」などを証明する大量の資料等を添付して申告書を提出して納税を完了しなければなりません。

「もし、申告期限までに申告書を提出できなかったらどうなるの?」

と心配される方もいらっしゃるでしょう。
実は、相続税申告の期限は、原則延長できません。期限に間に合わないとペナルティがあります。

では、相続税の申告書提出期限とペナルティについて見ていきましょう。

相続税申告書提出期限とペナルティ

①申告はいつまでにしなければならないのか?

相続税の申告は、相続開始の日(死亡日)から10ケ月以内とされています。
もっと具体的に言うと、戸籍に記された死亡日から10ケ月後の応当日です。

例えば、4月10日が死亡日だとすると、10ケ月後の2月10日になります。応当日が土日の場合には、その翌日が申告書提出期限となります。

相続税の申告書提出期限と納付期限は原則として同一日です。申告書提出と同時に相続税を納付しなければならないのでお間違えの無いように。

なお、死亡日は相続人が死亡を知った日なので、戸籍に記された日より後に死亡を知った場合には、その知った日を起点に申告期限が決められます。
例えば、同居の兄は4月10日に死亡を知って、連絡が取れない弟が8月10日に知ったとすると、兄の申告期限は2月10日で弟の申告期限は6月10日になります。

②相続申告と納税のペナルティ

相続税を期限内に申告しないと、申告書を提出しなかったことに対して追徴されるので、余分な税金を支払わなくてはなりません。
→無申告加算税 過少申告加算税

さらに、申告期限から納付日までの利息に相当する延滞税を納めなければならなくなります。
無申告加算税、延滞税詳しくは➡ こちら

もし、申告期限に間に合わない場合にはどうすればよいのか、いくつかの方法がありますので、下記の記事をご参考ください。