相続税申告は10ケ月以内に行わなければペナルティーがあります。
まず、無料相談で相続税がかかるかどうか確認してみましょう。
相続税申告の無料相談は、家からできるオンライン相談が便利です。

こんな相談事例があります

最近……、このようなお悩みをお聞きしています。

1、税務署からの問い合わせが送られてきた
税務署から相続税に関する問い合わせ(検討シート等)が送られてきた……。どのように回答すればよいのか?
2、相続税がかかるかどうか知りたい
親(親族)が亡くなった。相続税がかかるかどうか知りたい。預金や株の金額はわかるのだが不動産の計算がわからないので教えて欲しい。
3、相続税の特例が使えるかどうか知りたい
小規模宅地の特例、配偶者の税額軽減、生命保険の非課税、障碍者控除等の相続税の特例が使えるのかどうか知りたい。
4、名義預金について
相続人の名前になっているが実質は亡くなった人の管理していた通帳があるのだがどのようにしたらよいのか?

『相続税申告』の相談は事例豊富なソレイユ相続相談室の
無料相談をご活用ください。

私たちに相続税申告をお任せいただくと次のようなメリットがあります。

1、相続税と税務調査に強い事務所です
相続税に特化した相続専門税理士のいる事務所で、片手間に相続税申告を手掛けている事務所とは違います。また書面添付と相まって相続税の調査率は1%未満となっています。
2、高品質・低料金の申告書を提供しています
個人事務所と違って税理士法人となっていますから、複数の税理士によるチェックと相談体制が高品質の間違いのない申告書を提供できます。また価格も10万円からと品質に対してお得です。
3、相続専門の事務所です
相続専門事務所とは、相続税の申告書を大量に手掛ける相続税申告専門事務所とは違い、家族信託、遺言等の相続対策も行っているので、相続税申告の作成と同時に二次相続対策も万全です。
4、期限が迫っていてもお受けできます
期限がギリギリの申告や、期限が過ぎてしまった申告であってもお引き受けさせていただいております。
5、特殊な案件に強い事務所です
私たちの処理技能を求め、遺言や信託により通常とは違う申告処理が必要とされる案件が持ち込まれてきます。また、拠点が長野や新潟にもあるので農地や山林の評価もできる土地評価に強い事務所です。
遺言があるかないかわからなかったり、所在が不明であったり、誰がその遺言を執行するのかがわからないことがないように遺言を遺しましょう。

ソレイユ相続相談室では、相続無料相談会を開催しています。

専門的な相続手続きのことをさらに詳しく知りたい方は、ソレイユ相続相談室が開催する相続無料相談を是非お試しください。

相続無料相談は、相談する方のお住いやご都合に合わせて、相談場所をお選びいただけます。

※お一人様60分以内・事前予約制で土日祝日や仕事が終わってからのご相談も承っております。
※お近くに相談会場が見つからない方・外出を避けたい方のために、ご自宅にいながら全国どこからでもご相談できるオンライン無料相談にも対応しております。

現地調査が必要な場合には、実費がかかる場合もございます。お気軽にお問い合わせください。

ご不安な方は、事前にお試し接続も可能ですので、お気軽にお問合せください。

「ソレイユ相続相談室」は、税理士法人共同会計社と
行政書士法人リーガルイーストが運営しております。

両社ともに創業56年の共同会計グループの一員です。

グループの中から特に“相続”“事業承継”に強い税理士、行政書士、相続コーディネーターが、「ソレイユ相続相談室」を運営し、全25会場にて相続無料相談を承っております。

共同会計グループ

総員50名 資本金合計 8332万円

税理士法人 共同会計社
税理士による税務の専門家
行政書士法人 リーガルイースト
行政書士による法務の専門家
株式会社イストコンサルティング
経営管理の専門コンサルティング
メディウェル経営パートナーズLLP
医業経営の専門コンサルティング
株式会社ソレイユ財産管理
財産管理の専門コンサルティング

横浜市港北区で相続税申告や節税をお考えの方へ

ここからは相続税申告や節税をお考えの方のためのお役立ち情報を載せています。
相続税の申告が必要な人は一体どのくらいいるのでしょうか。

東京国税局の統計情報によると管轄内全体の申告状況は以下のようになっています。(最新はH30年)

平成30年中に亡くなった人(被相続人)の数
271,066人
申告書の提出に係る被相続人数
36,782人

・横浜市港北区を管轄する税務署
神奈川税務署
管轄区域:神奈川区、港北区
管轄区域内の世帯数:293,000世帯
管轄区域内の人口:595,000人

■神奈川税務署管轄内の(H30年)
課税対象となった被相続人の数 777人

土地を相続する場合には、相続税の申告書に載せる土地の金額を計算する方法として、「路線価」という決められた数字を使います。
※路線価がない地域は「倍率方式」を使います。

横浜市港北区の主要駅周辺の路線価

横浜市港北区の主要駅周辺の路線価がいくらくらいかを見てみましょう。

路線価は1㎡あたりの価格なので、土地がいくらの評価になるのかは、被相続人が所有していた土地の面積をかけると大まかに評価額が分かります。
しかし、土地の事情(形状や利用状況など)で、その評価は大きく変わることもあります。
専門的な知識が必要となる場合もありますので、まずは相続専門の税理士にご相談することをお勧めします。

いずれにせよ、故人が残した財産が相続税の基礎控除額を 超えれば相続税申告が必要となります。
もし、ご自身での計算に不安があり、 あるいは計算結果がギリギリのラインにある場合には、相続専門の税理士に相談されることをお勧めいたします。
特に、不動産の評価方法が分からない、 他の人の名義を借りて預金を分散してしまっている、生前贈与を受けているが贈与税の事を考えずに贈与してしまった……。等の質問がある方は、相続専門の税理士に相談されることをお勧めいたします。

横浜市港北区の相続にかかわる関連機関情報

登記簿情報を調べるには

被相続人の財産に土地があった場合は、その土地について登記されている情報を調べましょう。
法務局で登記簿に記載されている内容を証明する「登記事項証明書」を取得することができます。
登記事項証明書には、所有者や土地の所在、地目、地積(面積)等が載っています

横浜市港北区の法務局

横浜地方法務局 港北出張所
  • 住所

    〒210-0012 神奈川県川崎市川崎区宮前町12-11 川崎法務総合庁舎

  • アクセス

    JR東海道線・京浜東北線・南武線「川崎」駅または京浜急行「京急川崎」駅下車 徒歩10分

  • 電話番号

    044-244-4166

相続税申告の提出先

相続税申告書の提出先は、被相続人の死亡の時における住所地の所轄税務署と決められています。

横浜市港北区にお住まいの方が亡くなった場合には、神奈川税務署に相続税の申告書を提出することになります。

神奈川税務署
  • 住所

    〒222-8550 横浜市港北区大豆戸町528番5

  • アクセス

    電車/JR横浜線/新横浜駅北口徒歩15分または菊名駅西口徒歩15分
    東急東横線/菊名駅西口徒歩15分または大倉山駅徒歩15分
    市営地下鉄線新横浜駅 3番出口徒歩15分

  • 電話番号

    045-544-0141(代表)

なぜ無料相談から始めるのがよいのか

相続無料相談を受けるなら「相談してよかった」と思える相談にしたいのではないでしょうか。
よい相談にするために、以下をご参考いただければ幸いです。

費用について

横浜市港北区の相続税関連情報

相続税関連記事