ソレイユ総合ナビ

資産税事務職

募集職種
資産税事務職
雇用形態
パート
仕事内容
職種を一言で言うと
高齢化社会に必要とされる、遺産整理、遺言、生前贈与、相続税申告の実務を身に付けられる職種です。

従来の会計事務所の業務は、法人個人の事業者と継続した顧問契約を結び、月次報酬や決算申告報酬をもらう形態がほとんどで、
スポット的に譲渡所得申告・贈与税申告・相続税申告等のいわゆる資産税業務がありました。

私たちの事務所では、高齢化社会の到来に伴う資産の移転(親から子への承継・親の財産を処分・事業承継)が増える事を想定し、
この分野を事業の大きな柱と位置付けて5年ほど前から資産税部門を強化してきました。      

この資産税部門の売上は高齢者の増加と共に順調に伸びて、取引の半分近くになってきて、今後も拡大が予想されております。     
 
資産税事務職は資産税部門の専門的事務処理を行う独立した職種です。

資産税部門の事務処理は、相続税申告、贈与税申告の作成はもとより、それらに関係する、遺産分割協議書、贈与証書の作成等の周辺の事務処理が多くなります。      

そのために、多くの皆様に関心が高い相続税や贈与税の知識だけでなく、相続全般の知識を実務的に身につける事ができる仕事です。      

特別な資格は必要ありません。申告書の作成補助からスタートして、相談業務の補助をしながら、実務的に仕事を覚えていくのが早道です。      

相続がらみの業務は社会全体で増えていく傾向にあります。税務を中心に相続全般の実務知識をつけていく事は、高齢化社会で長く生き残っていく職種として有望です。

また、単なる書類作成だけではなく相談者との対応、資料回収・データーの説明等の顧客対応業務があります。  

資産税事務職の特徴は、決められた時間内に業務をこなし、経験を積みながら、希望者には試用期間終了後に、通学又は通信教育で以下の方向に向けた勉強が会社の承認のもとで会社の補助でできることです。

資産税事務職をやりながら取得を推奨している資格
 ・相続診断士
 ・行政書士
 ・税理士     
必要資格
特に必要ありません。
正式採用が決まった後に希望者には社費で必要資格を取得していただきます。
職務経験
特に必要ありません。
ただし、机に座っているだけの事務職ではありませんので、お客様との個別接客対応の職務経験があると早く仕事に慣れます。
年齢
不問
給与
時給956円~ (前職・経験等を考慮の上決定いたします。試用期間3ヶ月)
※正社員登用制度あります。
 税理士職・相続コーディネーター職・行政書士職となることが条件です。
待遇・福利厚生
社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金・日本税理士厚生年金基金)
社員旅行等各種イベント、交通費支給
労働時間・休日・休暇
9:00~18:00 ただし、曜日、時間については応相談
年間休日124日/週休2日制/夏期休暇/年末年始休暇/慶弔休暇/特別休暇
勤務地
【武蔵小杉事務所】
〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目1501-2セントア武蔵小杉   
交通
JR線、東急東横線・目黒線「武蔵小杉駅」から徒歩4分
採用の流れ
書類選考→面接→内定

採用関連連絡先は、小杉事務所/担当 釘宮

044-712-3534
OPEN