ソレイユ総合ナビ

お知らせ

新型コロナウィルス感染拡大の影響に伴う申告期限と納付期限まとめ

所得税、相続税の申告期限・納付期限はどうなっているの?

 

1.所得税

2020年の確定申告期限・納付期限は、本来316日(月)でしたが、新型コロナウィルス感染の拡大により416日(木)に延長されました。

また、所得税の他、贈与税及び個人事業者の消費税の申告と・納付期限も延長されています。

この延長に伴い、振替納付日についても、所得税は515()、個人事業者の消費税は519()に延長されました。

 

国税庁ホームページより

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kansensho/kigenencho.htm

 

2.亡くなった方の確定申告(準確定申告)の場合は?

1月1日から始まる、年の途中で亡くなった方に確定申告の必要がある場合、準確定申告をすることになりますが、こちらの申告・納付期限は、2020年3月19日現在、延長はされていません。

従来どおり、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に申告及び納付をする必要があります。

例えば、年が明けて2020年2月1日に亡くなった場合は、2019年1月1日から12月31日までに生じた所得と、2020年1月1日から亡くなった2月1日までに生じた所得についての申告(納付が必要な方は納付)をすることになります。

 

 

3.相続税申告の申告期限と納付期限は?

亡くなった方の相続財産に相続税がかかる場合、その申告期限と納付期限は相続の開始があったことを知った日の翌日から10ケ月以内です。

相続税についても、2020319日現在、新型コロナウィルス感染対策による申告期限及び納付期限の延長はされていません。

 

 

準確定申告と相続税申告の期限に間に合わない場合はどうなるの?

前述のとおり、準確定申告は「4ケ月以内」、相続税申告は「10ケ月以内」で延長はありません。

所得税や相続税を納付しなければならないのに遅れた場合は、加算税や延滞税がかかってきます。

この準確定申告は、亡くなった方の相続人及び包括受遺者(遺言で遺産の割合をもらうように指定されている人)が申告することになります。

相続人や包括受遺者が複数人いる場合は全員が「4か月以内」に申告する義務がありますので、通常の確定申告と比べると手間がかかります。

 

さらに、準確定申告による還付金は相続財産となりますので、相続財産に加算することにあります。(納税の場合は相続財産から引きます)

相続税の申告期限である10ケ月以内に申告書を提出して納付するのは、財産の評価額を算出し、必要な書類を収集するなど、一般的に大変な作業となります。

準確定申告は、相続税の課税対象となる財産額にも関係してくるため、相続税の申告期限に間に合うように、早い段階で手続することをお勧めいたします。

 

参考

相続税申告をするのに必要な書類

相続税申告の財産評価

相続税申告を自分でされたい方

 

準確定申告と相続税申告を行わなければならない方へ

川崎市・横浜市にお住まいの皆様へ

新型コロナウィルスの世界的大流行(パンデミック)を受け、できることなら感染しやすい環境に行くことは避けたいと考えている方が非常に多くいらっしゃるでしょう。

 

実際に、「ソレイユ相続相談室へ相談に行きたいが電車に乗るのが怖いので、自宅に来てもらえないか」という問い合わせが増えています。

 

収束の見えないコロナウィルス問題で外出を控えても、上記で説明したとおり、申告の期限が日々迫ってくる方も決して少なくありません。

 

ソレイユ相続相談室は、相続税申告・準確定申告が必要にもかかわらず、外出をためらっている方のために、ご自宅から電話やメールでの相談を承る体制を整えました。

必要な手続きをご自身でされる場合は、何度も足を運ばなければならない可能性もあります。相続の専門家に依頼することで、外出することなく手続きを完了することができます。

 

以下の方は、是非お問い合わせください。

・相続の専門家(弁護士・司法書士・税理士等)のうちどこに相談すれば良いか分からない、一つの窓口で解決したい方

・相続税申告が必要もしくは相続税申告が必要かどうか確かめたい方

・亡くなった方に所得があり申告が必要な方

・不動産や銀行等の名義変更の手続き(相続手続き)を進めたいが外出を避けたい方

➡亡くなった方の自筆の遺言が見つかり、裁判所へ検認に行く必要がある方

➡役所で戸籍や住民票等の書類、金融機関で残高証明書等を入手する必要がある方

➡亡くなった方の預貯金口座の名義変更や解約で金融機関に行く必要がある方

➡亡くなった方の不動産の名義を変更したい方

 

通常の相談同様、初回の相談は無料とさせていただき、その後の業務は出来る限り、お電話、郵送、メールにて対応させていただきます。

また、川崎市、横浜市にお住まいでご希望の方は、ご訪問させていただいてのご相談を承ることも可能です。詳しくは下記にお問い合わせ下さい。

無料電話相談あるいは、無料メール相談のご案内をさせていただきます。相続の専門家が対応させていただきます。


相続税申告のご相談は あなたの相続を総合的に考えてくれる

多くの実績と豊富なノウハウを持つ相続の専門家にお任せください!

⇓相続税に強い税理士と相続コーディネーターに相談できます⇓

 


また、メール、お電話以外でも 武蔵小杉相談室横浜相談室にて無料相談を承ります。 ご相談をご希望の場合は、フリーダイヤルかお問い合わせフォームからお申込みいただきますよう、お願い申し上げます。

 

 

無料相談のご予約・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-971-131

営業時間/9:00~20:00まで
※電話受付は19:00まで

OPEN