ソレイユ総合ナビ

2018年5月相続対策無料相談会 テーマとポイント

相続税対策に役立つ家族信託

家族信託=家族の家族による家族のための財産管理

 

家族信託は相続対策にも相続税の節税対策にもなる優れた“対策ツール”です。

 

相続対策としては、2018年5月無料相談のテーマとポイント家族イラスト任意後見契約+成年後見契約+遺言をひとまとめにして家族信託で行い、相続税対策としては、節税計画の認知症等バックアップ+生前税務特例実施対策+相続発生後税務特例実施対策のツールとして有効活用できます。

 

 

家族信託について知りたい方、活用をお考えの方は無料相談会場に、ぜひお越しください。

 


 

 

家族信託 税務対策 活用事例

 

 

 ① 不動産(建物)建設計画の継続による相続税節税 

 

家族信託に、「長期にわたる建設計画による節税の恩恵が、計画者の認知症や死亡により中断することを防ぐ機能」を持たせることができます。

 

 

 ② 居住用財産の売却・買換えによる譲渡所得特例の活用 

 

家族信託で「所有者から名義を変えてしまった不動産でも、税法上の要件さえ満たせば、所有者同様に受益者が譲渡所得に関する税務上の恩恵を受ける」ことができます。

 

 

 ③ 小規模宅地の特例の活用による相続税特例の活用 

 

家族信託で「名義が変更された不動産でも、税法上の要件さえ満たせば、所有者同様に受益者が相続税の小規模宅地の特例の適用を受ける」ことができます。

族信託の持っている遺言と同じ機能により、「スムーズに財産の名義変更ができ、適用が受けられます」。

 

 

 ④ 配偶者の税額軽減による相続税特例の活用 

 

遺された配偶者の生活設計と配偶者が亡くなった後の財産の分配の指定を、家族信託契約で設計すると、遺言ではできない、「相続税の配偶者の税額軽減の枠を最大限に使った財産承継と配偶者の次の世代までの相続の指定ができる」ようになります。

 

 

 ⑤ 最小税率(税額)による世代を超えた承継計画の実現 

 

家族信託と財産承継節税計画を組み合わせると、例えば、「現在の財産を孫の代までどのような形でどうやって承継していけば、相続税その他承継税コストが最も安くできるかを計画し、契約として実行することができる」ようになります。

 

 

相続税の対策は、相続対策無料相談会をご利用ください。

 

無料相談会の開催日時と会場は、こちらをご覧ください。

 

 

無料相談のご予約・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-971-131

電話受付時間/平日9:00~17:30まで

OPEN