ソレイユ総合ナビ

【コラム】亡くなった親が公正証書遺言を作成していたのか知りたい

 

こんにちは。

 

ソレイユ相続相談室 相続コーディネーターの玉井です。

 

 

本日は、無料相談会でよくお聞きするお話、遺言書についてコラムを書かせていただきます。

 

 

最近は、遺されるご家族のことを心配し、遺言書を作成される方が数多くいらっしゃいます。

 

 

「親が公証役場で公正証書遺言を作ったと聞いた。どうやって調べれば良いのか?」

 

「相続が発生したけれど、親が遺言書を作成していたのか分からない。」

 

といったお話をよくお聞きします。

 

 

 

 

親御様が作成された遺言書が公正証書遺言であれば、公証役場の「公正証書遺言検索システム」により、公正証書遺言の有無を確認することが出来ます。

 

 

しかし、遺言者の生前に確認することは出来ません。生前に確認が出来るのは遺言者本人のみです。

 

 

遺言者の相続発生後であれば、全国どこの公証役場でも「公正証書遺言検索システム」により公正証書遺言の有無を確認出来ますので、わざわざ実家近くの公証役場に行く必要はありません。

 

 

しかし、この場合でも、確認ができるのは法定相続人・受遺者・遺言執行者等の利害関係人だけに限られます。

 

 

公正証書遺言の有無を確認するためには、下記の書類が必要となります。

 

 

〇除籍謄本等、遺言者の死亡が分かるもの

 

〇戸籍謄本等、請求者が遺言者の利害関係人であることが分かるもの

 

〇運転免許証等、請求者の本人確認書類

 

 

 

検索の結果、公正証書遺言があった場合、遺言検索を行った公証役場で公正証書遺言を作成していれば、その場で公正証書遺言の謄本を受け取ることが出来ます。

 

他の公正証書役場で作成していれば、取り寄せる必要があります。

 

 

 

では、作成した遺言書が自筆証書遺言だった場合はどうなるでしょうか?

 

 

この場合には、自力で遺言書を探すしか方法がありません。

 

 

親交のあった方・弁護士に預けていた方、金庫や仏壇の中に保管していた方もいらっしゃいます。

 

 

遺言者がどこに保管していそうか想像し、くまなく探してみる必要がありますので、大変な苦労となる場合が多くあります。

 

 

これから遺言書を作成される方には、公正証書遺言をおすすめ致します。

 

 

 

 

 

ソレイユ相続相談室では、遺言書に関するご相談も承っております。

 

 

 

ぜひ一度無料相談会をご活用下さい。

 

 

 

 



無料相談のご予約・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-971-131

電話受付時間/9:00~20:00まで

玉井 麻依子のよく読まれる記事

相続のエキスパートたち

OPEN