手続き書類サンプル

遺産分割協議書サンプル

(サンプル2)  

               遺産分割協議書
被相続人 甲野 太郎
相続年月日  平成27年5月31日
最後の住所  長野市西尾張部1番23  

   被相続人 甲野 太郎 の遺産については、同人の相続人等全員において分割協議を
   行った結果, 各人がそれぞれ次のとおり遺産を分割し、取得することに決定した。 

         1.相続人 甲野 花子が取得する財産
             (1)長野市西尾張部1番23 宅地234.5平方メートル
             (2)長野市西尾張部1番○○ 家屋木造瓦葺2階建 
                   1階52.34平方メートル 2階51.00平方メートル
        
        2. 相続人 甲野 一郎が取得する財産
            (1)現金 金5,000,000円
            (2)○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○○○○○
            (3)○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○○○○○
     
       3. 本分割協議書に記載のない財産及び債務があった場合には、
            相続人 甲野 花子が取得する。 
   
   上記のとおり相続人等是全員による遺産分割の協議が成立したので、
   これを証するため本書を作成し、次に各自自署押印する。

平成27年6月30日
住所 長野市西尾張部1番○○
氏名 甲野花子 (自署)  ㊞(実印) 
住所 長野市○○○○○
氏名 甲野一郎 (自署)  ㊞(実印)

自筆遺言書のサンプル

                                         遺言書
   私の遺産について、次のとおり遺言する。
   一.妻横浜花子(昭和○年十月一日生)に対しては次の遺産を相続させる。
        ①   横浜市港北区日吉本町一丁目○番○号宅地○○平方メートル
        ②   同地同番地 家屋番号 五番
   二.長女長野さくら(昭和○年三月十五日生)には、次の財産を相続させる。
        ①   港北銀行本店営業部の私名義のすべての預金債権
   三.長男横浜一郎(昭和○年八月八日生)には、次の財産を相続させる。
        ①   株式会社○○商事の株式一万株
  四.一条~三条に記載した以外の私の財産のすべてを妻横浜花子に相続させる。
   五.横浜市港北区日吉三丁目○番○号 ○○○○を遺言執行者に指定する。

   付言事項 私の人生は、妻と二人の子供に恵まれて幸せでした。
                 妻花子の今後の生活のことを考えてこの遺言書をつく ります。
                 さくらと一郎にはお母さんのことを大事に、私の死後も仲良く
                 生活していってくれることを願います。

   平成二十七年○月○日
   横浜市港北区日吉本町一丁目○番○号
   横浜辰夫 ㊞

公正証書遺言のサンプル


(サンプル)  

遺言公正証書


本公証人は、遺言者 甲野 太郎 の嘱託により、証人山田太郎、同佐藤二郎の立会いのもとに、遺言の口述を筆記してこの証書を作成する。

第壱条       遺言者は、遺言者の有する次の財産を遺言者の長女 甲野 花子(昭和○○年○○月○○日生)に相続させる。

壱 不動産

1土地

所在 長野市西尾張部

地番 1番23

地目 宅地

地積 234.5平方メートル

2建物

所在 長野市西尾張部 家屋

地番 1番○○

種類 木造

構造 瓦葺2階建

床面積 1階52.34平方メートル  2階51.00平方メートル

 

第弐条       遺言者は、遺言者の有する次の預金を遺言者の長男 甲野 一郎(昭和○○年○○月○○生)に相続させる。  

壱   現金5,000,000円

弐   ○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○○○○○

参   ○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○○○○○

 

第参条       上記に記載のない財産及び債務があった場合には、長女 甲野 花子が相続する。

第四条       遺言者は、この遺言の執行者として、次の者を指定する。

住所 長野市北尾張部○○○○

職業 ○○○○○

氏名 田中二郎

生年月日 昭和○○年○月○日

 

 本旨外要件

 住所 長野市西尾張部1番○○

 職業 会社員

 遺言者 甲野 太郎

 生年月日 昭和○○年○○月○○日

 右は印鑑証明書の提出により、人違いでないことを証明させた。

 

 住所 長野市○○○○○

 職業 会社員

 証人 山田太郎

 生年月日 昭和○○年○○月○○日

 

 住所 長野市○○○○○

 職業 会社員

 証人 佐藤二郎

 生年月日 昭和○○年○○月○○日

 

 以上のとおり、読み聞かせたところ、一同その記載に誤りがないことを承認し、次に署名押印する。

 遺言者  甲野太郎 ㊞

 証人   山田太郎 ㊞

 証人   佐藤二郎 ㊞

 

 この証書は、平成27年5月8日 本職役場において、民法第九百六拾九条第壱号ないし第四号に定める方式によって作成し、同条第五号に基づき、本職次に署名捺印する。

 

 長野市○○○○○○

 ○○法務局所属

 公証人 法務三郎 ㊞

Copyright 2017 soleil consultation services / kyodokaikeisya Tax Co. All Rights Reserved.