相続対策

相続対策は、相続させる側の人にも、相続する側の人にも安心をもたらすものでなければなりません。
「遺言があればこんなことにならなかったのに・・・」「相続税のことも考えて財産を分割してくれればこんなことにならなかったのに・・・」「納税資金があればこんなことにならなかったのに・・・」。
数多くの「間に合わなかったご相談」に接するたびに、事前対策の重要性を再認識しております。
相続が人にとって避けられないものである以上、相続により相続人に発生する可能性のある負担は、精神的なものにせよ金銭的なものにせよ、事前対策によって取り除く方向に動かすことは可能です。
また、相続する側にとっても、相続対策を計画し実行に移すことによって、相続のお悩みを軽くできた事例は枚挙にいとまがないのです。
ただし、すべての相続対策が万能なわけではありません。相続のお悩みは人によって違いますし、相続の数だけ違う悩みがあると言っても過言ではないからです。万能薬はないにせよ、対策案はご提案できます。いくつかの対策案の中から方向をお選びいただき、オーダーメイドの対策案を共に創っていくのが相続コーディネーターの役割です。その間に必要な専門家に協力を依頼し、実現の支援をいただくコーディネートもいたします。まずは、無料相談で相続対策のスタートラインにつきましょう。私たちがお手伝いいたします。








相続対策は、まず相続税評価額を知ることから始まります。

長野市の土地の評価額が知りたい方はこちら

相続対策 3つの着眼点

相続対策をする場合に、外せない課題が大きく分類すると 遺産分割対策・税金対策・支払資金対策 の3つがあります。これは、遺産をどのように分けるかはすべての根本です。もちろんその前に相続する側の生活設計が先なのは言うまでもありません。相続する側の世代の生前の生活設計の後に、はじめて遺産として残る財産が計算されてくるのです。
争いにならないように、生前の貢献を加味しながら、相続した人の将来をも考えて分割を考えるのは簡単ではありません。
また、分割につきものなのが税金です。
相続税を減らせれば分割できる財産が増えるし、生前に贈与していく事も考えるなら贈与税の対策が必要です。
遺産を換金して分割するには所得税の対策が必要ですし、遺産分割後の相続人の所得も考える必要はありますし、資産の移転には不動産取得税、登録免許税がつきものです。
さらに、相続はもらうばかりではなく、相続税の支払、登記料の支払、さらに遺産分割にからめた代償金の支払も用意する必要に迫られるかもしれません。支払計画なしに分割だけ考えても相続はうまくいかないのです。
これら3つの対策を親身の相談相手として皆様と共に広い視野で考えていくのが相続コーディネーターの役割です。私どもの相続コーディネーターをぜひご活用ください。
Copyright 2017 soleil consultation services / kyodokaikeisya Tax Co. All Rights Reserved.