会社の相続(事業承継にはどのような方法があるか)

2017/6/19

事業承継には、基本的に、親族内承継、役員・従業員承継、社外への引継ぎ(M&A等)、3つの方法が考えられます。

今回はそれぞれの方法について、メリット・デメリットをご紹介したいと思います。



 ①親族内承継


 現経営者の子をはじめとした親族に承継させる方法


 ○メリット

 ・他の方法と比べて、内外の関係者から心情的に受け入れやすい
 ・後継者の早期決定により長期の準備期間が確保可能である
 ・相続等により財産や株式を後継者に移転できるため所有と経営の一体的な承継が期待できる


 ○デメリット

 ・相続人が複数いる場合、後継者の選択や経営権の集中が困難
 ・親族ということで後継者への適格性の判断が甘くなりやすい


 ②役員・従業員承継


 「親族以外」の役員・従業員に承継させる方法 


 ○メリット

 ・経営者としての能力のある人材を見極めて承継することができる
 ・社内で長期間働いてきた従業員であれば経営方針等の一貫性を保ちやすい
 ・同業他社からの採用や異業種からのヘッドハンティングも期待できる
 ・いずれ親族に承継するつもりだが、まだ後継者が幼少である場合や経験不足の場合、
  中継ぎとして一時的に従業員に承継し、その後親族に承継させることができる


 ○デメリット

 ・後継者候補に株式買取資金がない場合が多い
 ・個人債務保証の引継ぎが困難となる場合がある
 ・現経営者の親族の理解を得るため親族内承継に比べ時間がかかることが予想される


 ③社外への引継ぎ(M&A等)


 株式譲渡や事業譲渡により承継を行う方法 


 ○メリット

 ・3つの方法のうち最も広い範囲で優秀な後継者を選定することができる
 ・現経営者は会社売却の利益を得ることができる
 ・他企業との融合により、企業としての価値が高まる可能性がある


 ○デメリット

 ・売り手・買い手が双方の条件(従業員の待遇、価格等)に納得するのに時間を要する
 ・個人債務保証の引継ぎが困難となる場合がある
 ・仲介会社、専門家への報酬負担が少なくない


 ソレイユ相続相談室では、それぞれの事業所に合った円滑な事業承継のための方法をご提案をさせていただきます。

 是非一度当相談室に相談いただければと思います。




Copyright 2017 soleil consultation services / kyodokaikeisya Tax Co. All Rights Reserved.